水彩画にはさまざまな表現のしかたがあり、あまり知られていませんがたくさんの技法があります。

にじみ

色の広がりを利用することで絵に表情をつけることができます。ぼかしと似ている部分もありますが、ふわっとした印象を与えます。まずは塗りたいところに事前に水を塗ります。そして湿らせた部分に絵の具の色を置くと徐々に周囲に色が広がっていきます。

重ね塗り

まずは最初のベースになる色を薄めにぬります。ここからがポイントですが、最初のベースが乾かないうちにぼかし効果がでるので、最初と次の境界線がぼかされた形で表現できます。逆に、2つの差をはっきりとさせたい場合は、あせらずに最初の色が乾くのを待ってください。どちらが正しいということではなく、自分の作品にあった方法を選択することができます。